Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chii/mie-tabi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【三重】1粒80円!?食べれば食べるほど安くなる焼き牡蠣食べ放題「与吉屋」

与吉屋

伊勢にいったらぜひ足を伸ばしてでも食べにいってほしいのが、鳥羽市浦村町にある焼き牡蠣食べ放題の牡蠣小屋です。

伊勢から伊勢湾沿いに鳥羽方面へ車で30分程度、オイスターロードと呼ばれる浦村町エリアに、地元の牡蠣養殖業が直売する焼き牡蠣店が点在する場所があります。

どの店も2,000円~3,000円で焼き牡蠣の食べ放題をウリにしていて、海の上に浮かんだレストランだったり、屋外でBBQスタイルをとっていたりとお店ごとに特色があります。

その中でも今回選んだのは共栄物産の与吉屋です。

与吉屋

元々は半露店のワイルドなお店だったのですが、店構えを新たにオープンしたそうです。

実は、焼き牡蠣店はたくさんあるからと予約をしないで現地に行って、5軒ほど並ぶ牡蠣小屋に飛び込みで行ったのですが、土日と言うことと、観光バスで大勢のツアー客が来ると言うことで、全部断られてしまいました。

そのときに、人気のない牡蠣工場のような倉庫のような所があり、看板に「焼き牡蠣食べ放題」と書いてあったので、思い切って中に入ってみると、地元のおばさんらしき方と小さな男の子がいましたので、声をかけてみると、「ここは工場だから、食べ放題はやってないよ!」とのお言葉。

もうだめか・・・と思ったら、おばさんが工場の中に声をかけます。

「このねえちゃん、店と間違って工場来ちゃったってよ!」

すると、男性が出てきて、直営のお店のある場所を丁寧に教えてくれましたが、歩いて15分もかかる場所で、悩んでいたら、さらに奥から若いお兄さんが出て来て、「ちょうどこれから店に行くから乗せて行ってやるよ!」とのこと。神様ですか!?神様ファミリー連携プレーですか!?

思い切って声をかけてよかったと思いながら、お兄さんの運転する車に乗せてもらって着いたところが与吉屋でした。しかも予約をしていないことを告げると、お兄さんが受付まで行って、私の席を確保してくれました!

そんな神ファミリー(?)のおかげで、念願の焼き牡蠣食べ放題がスタートです!

店内

お店は100人くらい入りそうな吹き抜けの広い室内に4人がけのテーブルが並んでいます。

入り口で食べ放題料金2,500円払って席に案内されると、セットの牡蠣フライ3個、牡蠣ご飯、牡蠣みそ汁が出来上がり、配膳口から名前を呼ばれるので、それを受け取ると食べ放題のスタートです。食べ放題は1時間、最初に貰うセットメニューは1回までおかわり無料です。

セットメニュー

20cm角のアルミのバットに山盛りにされた牡蠣がどーんとテーブルに乗せられ、専用のナイフで割っては食べ、割っては食べ、開いた殻は隣の殻用バットに乗せます。

殻用バット

バットには10~15個の焼き牡蠣が乗せられています。このバットが空になったら、手をあげて、おかわりをリクエスト。殻が山盛りになったバットと交換で新しい牡蠣が届きます。

このお店の良いところは、調味料や飲み物の持ち込みが無料&自由!さらに、店員さんが焼いた牡蠣を持ってきてくれるので、自分で焼く手間がなく時間のロスがない、焼き具合がばっちり、高台にあるので窓際の席だと海が見えるという点です。

実際、牡蠣に夢中で景色なんてほとんど見てないですが・・・(笑)

店員さんもきびきびしていて、1分も待てば、おかわりがどーんと届きます。調味料はゆずポン酢としょうゆがセルフサービスで用意されていましたが、天然の塩味で十分おいしくいただけました。

飲み物もアルコールやソフトドリンクをその場で買うこともできますが、割高になります。お水はセルフサービスで無料で飲めますので、そちらでもOKです。

このプリプリな牡蠣!これが2,500円で1時間食べ放題です!天国ですね!

牡蠣

でも、実際に牡蠣だけを延々と食べられるのは30分程度でした。両隣のお客さんと近いので隣のペースに煽られ、一心不乱に食べてましたが、気づくと30個以上食べていて、1個あたりに換算すると2,500円÷30個で、83円!

焼き牡蠣が83円で食べられるところなんてなかなかありません。しかも穫れたて、焼きたてです。ほかのお客さんも、1時間粘る人はあまりいないようで、30分~40分程度で回転していくようでした。

私もほどよきところで切り上げ、お店を出ようとすると入り口には生牡蠣などが販売されていました。こちらも安い!生牡蠣が30個で3,100円。1つ103円です。

生牡蠣

最終日だったら買ってたかも・・・と思いながらお店を出ると、お店の前から伊勢湾のきれいな眺めが一望できました。

伊勢湾

海に浮いている白い四角い物が牡蠣の養殖場ですね。

お店の横には倉庫のような場所があり、熱気が漏れいるので、のぞいてみると・・・

牡蠣を焼くスタッフ

大量の牡蠣を大量のスタッフさんが焼いている!!大きなカゴから水揚げされたばかりの牡蠣がざらざらと網の上に流し込まれ、手際よく返されていきます。みなさん汗だくで牡蠣を焼いていました。あのスピーディなおかわりはここから来ていたんですね。

裏方のスタッフさんにふか~く感謝をして、ふくれたお腹をさすりながら帰途に着きました。

今回は手ぶらで行きましたが、できれば軍手と調味料、飲み物を持って行った方がより楽しめると思います。あとは、土日に行く方は予約を忘れずに!鳥羽の人の温かさと牡蠣のおいしさに触れたお店でした。

旅データ

関連記事

return top